秘境「十津川村」

奈良県の最南端に位置し、日本最大の面積を有する村で、東京23区や琵琶湖よりも広い。その村の中心部を十津川が流れる。日本一のつり橋、日本一長い路線バス、日本初源泉かけ流し宣言の村。世界遺産 『紀伊山地の霊場と参詣道』の熊野古道小辺路と大峯奥駈道が通り、その一部である玉置神社がある。

霧深い十津川村

夏の十二滝

絶景スポット「十二滝」

十津川村の南部にある、二津野ダムから 国道168号線を南に走っていると見つかる大きな滝。 落差は80~100mともいわれており十分な高さがありますが水量は多くなく、物静かな印象です。 十津川村の七色、和歌山県との県境から約2kmほどの場所にあります。

一乃湯ホテル おすすめポイント



フォトギャラリー

十津川村の大自然・ビュースポットをご紹介



お客様の声

突然の訪問と貸切風呂だけ利用でした。突然の訪問にも気持ちよく承諾していただけました。貸切風呂だけですが、値段も1人800円と安くタオルも持って無く100円で借りれました。 建物は、年代を感じますが、山間ですので十分だと思います。次は、宿泊で利用してお風呂を堪能したいです。

お風呂がよかった!露天風呂も岩風呂で浴室は適度に広く、気持ちよかった。いつでも入れるのが最高❗️食事も美味しかった。部屋も期待以上でした。ロビーでゆっくり十津川村の資料を読むことができました。またぜひ行きたいです。