「スリル満天!空中散歩」

日本有数の長さを誇る鉄線のつり橋。十津川(熊野川)に架かり、十津川村上野地(うえのじ)と対岸の谷瀬(たにぜ)を結ぶ。川面からの高さ54m、長さ約297m(297.7m)。1954年(昭和29年)に架橋された。完成時より日本一長い歩道吊り橋であったが、1994年(平成6年)に茨城県の竜神大吊橋が完成したことで日本一の座を譲っている。

吊り橋が完成する以前は、川を渡るたびに谷を下り、丸木橋を渡って対岸の斜面を這い上がらなければならなかったと伝えられている。洪水のたびに丸木橋は流され、あまりの不便さから当時800万円あまりを要して住民が造ったもので、教員の初任給が7,800円、米10キログラムが765円であった戦後復興期の時代に、地元の住民が1軒当たり20-30万円を出し合い、村の協力を得て建設した生活道路橋である。そのため、地元の人や郵便配達員などはビジネスバイク等で渡って行くが、一般の観光客は自転車やオートバイ等での通行は禁止されていて、徒歩での通行のみとなるので注意が必要である。また、この橋が地元の学校への通学路でもあった。

中央部に幅約80cmの板が、鉄線と3cmおきに渡された横木の上に載っているだけであり、はるか下の川や川原がはっきり見える状態で、その板の上を歩いて渡るが、風が吹くと中央部分はかなり揺れる。「危険につき20名以上は同時に橋に乗らないように」という旨の注意書きがある。話題性や眺望の良さから、観光シーズン中には観光客が多く訪れており、一度に20人以上が渡ると危険なため、混雑期は監視員を配置して上野地から谷瀬への一方通行規制とする場合もある。吊り橋は終日無料で通行できるが、この場合、対岸から臨時有料バスで戻ることになる。