イメージ1

十津川周辺の観光案内 >> 谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋

所在地 奈良県吉野郡十津川村上野地

谷瀬の吊り橋(たにぜのつりばし)は、奈良県吉野郡十津川村にある日本最長の生活用鉄線の吊り橋。橋の銘板にはたにせばし(谷瀬橋)と刻まれているほか、一部の地図には谷瀬大橋と記載されている。

十津川(熊野川)に架かり十津川村上野地(うえのじ)と対岸の谷瀬(たにせ)を結ぶ。高さ54m、長さ297m。1954年(昭和29年)に架橋された。

この橋は、当時完成に800万円を要しており、教員の初任給が7,800円、米10キログラムが765円であった戦後復興期の時代に、地元の住民が1軒当たり20 - 30万円を出し合い、村の協力を得て建設した生活道路橋である。そのため、地元の人や郵便配達員などはビジネスバイク等で渡って行くが、一般の観光客は自転車やバイク等二輪車での通行は禁止されていて、徒歩での通行のみとなるので注意が必要である。また、この橋が地元の学校への通学路となっている。